ハンドメイドホーム

2019年秋、文フリへ向けた育児日記

晴れ・妻の日記

かなり咳は治まり、薬の力を実感している……。

朝起きた瞬間、昨日より今日のほうが良くなっている!という実感をこんなに得られるのは珍しいかもしれない。薬が合っているのだろうか。

さて今日は20年来の友人宅へお邪魔する予定があったので、夫と娘と連れ立って伺う。友人の家には新しくベビーがやってきていたので、抱っこさせてもらいたかったが、体調のこともあり接触を避けたほうがよいと思って遠慮した。次こそはしっかりと抱っこさせてもらいたい。

自分が子供を産むまで、「抱っこしてやって」とか「抱っこさせて」という人の気持がいまいち理解できなかったのだけれど、今は何となく分かる。なんというか、抱っこすることで「ああ、人間!」という実感がわくくらい、抱っこの情報量はすごいのだ。それを感じてほしくて友人に娘を抱っこしてほしいし、許されるなら友人の子も抱っこしたい。両手で小さい身体を持ち上げるだけで「ああーすごい生きてるんだなー!」と思えるし、もしかしたらわたしからもなにかが相手に流れ込んでいるような気がするというか、なんというか、人間同士の「よろしくね」ができるような気がするというか……別にスピ的な意味ではなく……。うまく言えないのですが、親愛の交流という意味では、握手に近い気がしている。

まあそんな御託はどうでもよくて、娘は友人の長男とよく遊んでもらい、その間に大人は旧交を温めるという、よい会合でした。友人はみんな「なんでこんないい人たちがわたしと仲良くしてくれるんだろう」と思うほどいい人なので、末永く仲良くしてほしい……。

午後早めの解散となったので帰宅して昼寝、娘の面倒を見て寝付いたあと、夫とTBSドラマの『グランメゾン東京』4話を観た。安定のキムタクだったので楽しめたし、久しぶりに布のテーブルクロスがかかっているレストランで夫と2人、おいしいものが食べたいなあ、と思ったりした。近々実現したい。その後は早々に就寝。

締め切りが引き続き迫っているので、どんどんやっつけていきたい。