ハンドメイドホーム

2019年秋、文フリへ向けた育児日記

晴れ・妻の日記

沖縄最終日。この日は東京で自分が企画していたイベントがあるので、朝からちょこちょことメッセンジャーでやりとり。自分不在で企画が回るというのは、一緒にやってくれているチームのおかげだと思うので本当にありがたい。8月から始めた月1回の企画で、もうチームが立ち上がっているのはちょっとした奇跡だと思う。

イベントが気がかりでありつつも、気になっていた沖縄の焼き物「やちむん」を手に入れるべく、ホテルをチェックアウトしてから「やちむん通り」へ向かう。自宅のごはん茶碗がずっと間に合わせのものだったので、そろそろちゃんとしたものがほしいと思っていたのだった。

通りには様々な個性のお店が連なっており、その中でもやや今どき風の、セレクトショップ感のあるお店へ入る。本当は民芸風の、シブいお店で「これは!」と思うものに出会えればよいのだろうけれど、まだそこまで見極められる自信はない。

何軒か回ったうち、気に入ったショップの姉妹店で夫婦のごはん茶碗と、ゴーヤの輪切りを模した箸置きを購入。今回の沖縄旅行で初めて観光っぽいことができたので、うれしかった。

その後は空港へ向かい、空港内のA&Wで食事。初めてのルートビアだったのだけれど、なぜか何度も「ルートビール」と言い間違えてしまう。

空港内を散策し、広場で娘を遊ばせてから搭乗。東京に着くまでの約2時間、娘はほぼ寝ていてくれたので助かった。夫がずっと娘を抱いていてくれたので、飛行機の中で短い睡眠が取れたのもありがたかった。今回の沖縄は、夫さまさまだな〜と思う。

夕方に帰宅後、部屋の換気や掃除など少しだけ済ませて外食。娘が犬を追いかけて小走りになったとき思いっきり顔から転び、顎を擦りむいてしまったのが本日のハイライト。あっという間の二泊三日だった。おつかれさまでした。